TOP MODEL 2015 DEALER SHOP MANUAL & P/L COMPETITION HISTORY FANTIC MOTOR S.R.L.


About FANTIC MOTOR

FANTIC MOTORは、イタリアのオートバイメーカーです。

1968年の創業当初から、

50ccを中心とした小排気量のオフロードバイク

「Caballero」は

軽量な車体と、チューニングされたエンジンで、

小気味よい走りが楽しめると高評価を得ていました。

手軽さと、ライディングの楽しさを高次元で両立。

これは、現在のCaballeroにも通じる特徴です。


1980年代にはトライアルマシンが大きな進化を遂げましたが、

FANTIC MOTORは、軽量、ハイパフォーマンスを突き詰めて、

素晴らしいマシンを開発。世界選手権のタイトルも手中におさめました。

こうして、トライアルバイクメーカーとして確固たる地位を築きました。

日本でも、FANTICといえばトライアルのイメージが定着していました。



ところが、その後、市場の動きを読み誤って事業は行き詰まります。

1995年には工場閉鎖に追い込まれました。



しかし、この名門ブランドを復活させるべく、2005年に新たな出資者が現れました。

SIX DAYS社オーナーのFederico Fregnan氏がFANTICブランドを復活させました。

「Caballero」の名を冠したハイパフォーマンスな小排気量車を生産し、

再び高い評価を得ました。

CaballeroのRACINGモデルは、

イタリア選手権やヨーロッパ選手権でタイトルを獲り、

FANTICは名実ともに完全復活を果たしました。

2011年からは、FANTICの成長戦略の柱として、

2スト300cc のピュアレーサーで、エンデューロ世界選手権に挑戦。

さらなる活躍が期待されました。


でも、それは大きな『賭け』だったようです。

レースシーンでの華やかさとは裏腹に、ピュアレーサーの販売は低迷。

2年目、3年目と参戦体制は縮小し。。。

事業は行き詰り、2014年モデルのデリバリーもストップしてしまいました。


そんなFANTICですが、イタリアにおけるブランド価値は

Caballeroの名とともに認められており、早々に、新たな出資者が現れました。

2014年10月より「FANTIC MOTOR社」として業務を再開しました。

ラインナップは、FANTIC Caballeroの本来の得意分野である

小排気量(50ccや125cc)モデルに絞り

クラスを超えた高品位パーツを採用して、レーサーに迫るパフォーマンスを持つ

『プレミアム トレール』として Caballeroの血統を受け継いでいます。

本業回帰したFANTIC MOTORの活躍をご期待ください。


FANTIC MOTOR製品に関するお問い合わせは、全国の販売店 または こちらのメールまでお願い致します。:info@scuderiarana.com